NEWS

新着情報

HOME | ニュース | 2020 | 経費管理BPOサービスプラットフォーム「e-ZERO®」に経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」の提供開始

経費管理BPOサービスプラットフォーム「e-ZERO®」に経費不正のAI検知ソリューション「Fraud Checker」の提供開始

~経費不正と疑わしき申請をAIが分析し、牽制効果を創出してコンプライアンス強化と業務省力化を実現~

2020年7月27日

株式会社NTTデータ・スマートソーシング

 株式会社NTTデータ・スマートソーシング(本社:東京都江東区、代表取締役社長:和田 泰之、以下:NTTデータ・スマートソーシング」)は、株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下:コンカー)と連携する経費管理BPOサービスプラットフォーム「e-ZERO®」のサービス群の一つとして「Fraud Checker」の提供を開始しました。
 Fraud Checkerは、NTTデータ スマートソーシングが取り組む出張・経費管理業務のさらなる自動化の実現と、バックオフィス業務の効率化の取り組みの一手として、経費管理業務に特化したAIエンジンを用いた経費不正のAI検知ソリューションとして提供します。経費精算の事後チェックプロセスで行われている目視確認作業をAIエンジンが行い、経費不正と疑わしき申請をポータルサイト経由でレポーティングするサービスです。
 AIによるチェックはSAP Concur(注1)の経費精算データを勤怠情報、ビルの入退館データなどと突合することで、機械的かつ網羅的なチェックを行うことができ、経費精算の事後チェックプロセスの省力化と品質向上、内部統制基盤の構築が期待できます。
 AIエンジンは、Miletos株式会社が提供するAI経費精査「SAPPHIRE」(注2)を利用します。
 今後、SAP Concur導入企業を中心に2022年度までに100社(初年度10社)の受注を目指します。

 

背景

 令和2年度の税制改正大綱により、電子帳簿保存法において、経費精算に利用できる電子データの活用が促進されるなど、経費管理業務の領域はペーパレス化、業務の効率化がさらに加速される見込みです。
 また、With/After COVID-19・ニューノーマル時代と呼ばれる現在において、テレワークをはじめとした場所を問わない業務の推進や企業の意思決定のスピード向上を目的に、ITテクノロジーの活用が期待されています。
 特にバックオフィスの領域では、本来テレワーク向きと想像されていた業務が、書類の押印や郵送の必要から出社を余儀なくされる場合も多く、AIやRPAをはじめとした自動化を進めつつ、できる限り人手を介さずにバックオフィス業務を完結できる取り組みが必要とされています。
 これまで、NTTデータ・スマートソーシングはコンカーと連携して、業務の標準化と効率化による「間接費改革」の実現に向け、「SAP Concur+BPO」の提供をはじめとした協業を行ってきました。そこで企業のワークスタイルの変革を契機に、出張・経費管理業務のさらなる自動化の実現と、バックオフィス業務の効率化の取り組みの一手として、経費精算業務の事後チェックプロセスで行われている目視作業をAIエンジンが行い、経費不正と疑わしき申請をレポーティングする「Fraud Checker」を提供することとしました。

図1:e-ZERO ®サービスプラットフォームイメージ

概要

 Fraud Checkerは、経費不正と疑わしき申請を分析し、レポーティングします。SAP Concurの経費精算データを、勤怠情報、ビルの入退館データや独自データベースに保有する飲食店の情報などと突合することで、機械的かつ網羅的なチェックを行います。カラ出張や会議費・交際費の不適切利用の有無を集計レポートとして確認でき、悪意なく発生した経費不正の特定から経費不正発生の抑止と牽制の効果を生み、企業のコンプライアンス強化と業務省力化を実現します。
 各種データはNTTデータ・スマートソーシングが提供するポータルサイトとブリッジプログラム経由でAIエンジンに連携し、分析結果も週に1回の頻度にてポータルサイト経由で確認ができることで、ユーザビリティの高い経費モニタリング基盤を構築できます。
 
Fraud Checkerのサービス内容は以下のとおりです。
 (1) Fraud Checker AIエンジン/ポータルサイトの提供
 (2) 分析結果のレポーティング(ポータルサイト経由でレポートを提供)
 (3) ブリッジプログラムの製造(個別に御見積もり)
 
 

図2:Fraud Checker レポーティングイメージ
(Miletos株式会社が提供するAI経費精査「SAPPHIRE」の資料抜粋)

 

サービス提供形態

 SAP Concur導入企業および導入検討企業に対して、NTTデータ・スマートソーシングが提供します。提供形態はサービス利用契約とし、料金はお客さまごとに個別に御見積もりします。
 

SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPANについて

 NTTデータ・スマートソーシングはコンカー主催で日本最大級の経理・財務向けオンラインイベントである「SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN」にオフィシャルスポンサーとして協賛し、スポンサーセッション内でFraud Checkerの全体像をご紹介します。
 
SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN開催概要

 
イベント名 SAP CONCUR FUSION EXCHANGE 2020 JAPAN
会場 オンライン開催
開催日程 ■ 4週連続開催
   1週目:9/8(火),9/10(木)
   2週目:9/15(火),9/17(木)
   3週目:9/23(水),9/25(金)
   4週目:9/29(火) 計7日間
事後公開日程 (仮)10/10(木)~11/30(月)
テーマ (仮)バックオフィス業務のDXで変わる働き方
-ペーパーレス・キャッシュレスの実現に向けて-
内容 ■ セッション
   基調講演、事例セッション
   SAP/SAP Concurセッション、スポンサーセッション

■ 展示
   オンライン展示ブース
URL https://www.concur.co.jp/fusion-exchange/teaser
 

今後について

 営業活動、およびマーケティング活動を展開し、SAP Concur導入企業および導入検討企業を中心に2022年度までに100社(初年度10社)の受注を目指します。
Fraud Checkerのサービスラインナップもニーズや効果を検証し、出張手配の管理・購買の適正化を目的としたBTM(Business Travel Management)(注3)サービスとの連携や特定の経費申請を注視する機能をはじめ、サービス領域を拡張していきます。
 NTTデータ・スマートソーシングはAIやRPAをはじめとした最先端のテクノロジーを活用し、さらなる効率化、サービス向上に寄与しながらお客さまの課題解決と事業価値の最大化に貢献します。
 
関連するサービスへのリンクはこちらから
https://ssdejima.com/concurbpo/index.html(NTTデータ・スマートソーシングWEBサイト)
 
(注1)SAP Concurは、全世界約43,000社、5,540万人に利用されている世界水準の出張・経費精算クラウドサービスです。「Concur Expense(経費精算・経費管理)」・「Concur Travel(出張管理)」・「Concur Invoice(請求書管理)」を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群で構成されています。
*SAP Concurは、米国Concur Technologiesの商標および登録商標です。
(注2)SAPPHIREは、Miletos株式会社が提供するAI経費精査プラットフォームです。
*AIによる経費監査について、現在特許出願中です。
(注3)Business Travel Management(ビジネストラベルマネジメント)は欧米で開発され、進化してきた「出張包括管理」の略称で、「鉄道」、「航空」、「宿泊」など、企業様の個別のニーズに対し、国内・海外出張需要を包括的に管理・提供し、購買の最適化、業務改善によるコスト削減、危機管理、24時間対応、システム構築など付加価値の高いソリューションを提供するサービスです。
 
 

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ・スマートソーシング

経営企画本部
企画部 事業企画担当
松縄、植原
e-mail:business_planning@ml.nttdata-smart.co.jp

 

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ・スマートソーシング

デジタルトランスフォーメーション事業本部
ワークスタイルイノベーション推進部
中村、斧
e-mail:dx_dm_sales@cm.nttdata-smart.co.jp

 

NTTデータ スマートソーシングに関するご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。